中国テック関連で「読んだ本・これから読みたい本」などまとめてみた(合計27冊)

中国関連本

 

 

中国テック関連で「読んだ本、途中で止まってる本、読みたいけど未着手の本」が溜まってきたので、ブログにまとめてみました。

主に自分用ですが、気になる本あったらぜひ読んでみてください。読んだ本は感想記事など別途書いていく予定です。

最終更新:2019/11/30

読み終えた本

アフターデジタル オフラインのない時代に生き残る

第1章 知らずには生き残れない、デジタル化する世界の本質
1-1 世界の状況、日本の状況
1-2 モバイル決済は「すべての購買をIDデータ化する」
1-3 シェアリング自転車は「生活拠点と移動をデータ化する」
1-4 行動データでつなぐ、新たな信用・評価社会
1-5 デジタル中国の本質 データが市民の行動を変え、社会を変える
1-6 大企業や既存型企業の変革好事例「平安保険グループ」
1-7 エクスペリエンスと行動データのループを回す時代へ

第2章 アフターデジタル時代のOMO型ビジネス~必要な視点転換~
2-1 ビフォアデジタルとアフターデジタル
2-2 OMO:リアルとデジタルを分ける時代の終焉
2-3 ECはやがてなくなっていく
2-4 転覆され続ける既存業態
2-5 日本企業にありがちな思考の悪例
2-6 企業同士がつながって当たり前 OMOの行き着く先の姿

第3章 アフターデジタル事例による思考訓練

第4章 アフターデジタルを見据えた日本式ビジネス変革

チャイナ・イノベーションーーデータを制する者は世界を制する

序 章 米中貿易戦争とチャイナ・イノベーション
イノベーションをめぐる米中覇権争

第1章 習近平国家主席とデジタル強国路線
モノマネ大国からイノベーション大国へ
大衆創業・万衆創新
ビッグデータ活用は国家戦略
グーグル、フェイスブックの対中布石
AI大国への戦略

第2章 なぜ中国でイノベーションが爆発的に生まれているのか?
モバイル決済がイノベーションの起点
プラットフォーマーの土壌から生まれたシェアリングサービス
データ蓄積によって個人の信用を点数化

第3章 阿里巴巴(アリババ)集団と騰訊控股(テンセント)――中国版巨大プラットフォーマーの誕生
2大プラットフォーム企業の戦略
なぜアリババが成功したのか?
決済手段から生活サービスのプラットフォームへ
騰訊控股(テンセント)の三大転換点
微信(ウィーチャット)発展史
アリババとテンセントの未来

第4章 2強を追う先端技術企業
滴滴出行(DiDi)――本家も飲み込む生命力
世界最先端のフィンテック企業
衆安保険-―従来の発想に捉われない商品開発で急成長
微衆銀行(WeBank、ウィーバンク)――中国初の民営銀行
京東金融(JDファイナンス)――アント・フィナンシャルの後を追う
急成長するAIスタートアップ企業
商湯科技(センスタイム)
Megvii(Face++)
科大訊飛(iFlytek、アイフライテック)
出門問問(Mobvoi 、モブボイ)

第5章 急速に進むデジタル化の負の側面
頻発する悪質ネット詐欺
羊毛党vsネット企業――テクノロジーを悪用した詐欺集団

第6章 中国型イノベーションの本質と先端企業との付き合い方――ユニクロ、メルカリの事例
中国型イノベーションのメカニズム
柔軟で大胆な人材戦略
オープン化戦略
ユニクロの中国戦略
未来型企業への道
メルカリの戦略――中国モデルの日本への応用

終章 データを制する者は世界を制する

GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略

序 章「5ファクターメソッド」でメガテックを分析する
~全体像の把握に最適なアプローチ

第1章 アマゾン×アリババ
~アマゾン経済圏とアリババ経済圏の戦い

第2章 アップル×ファーウェイ
~プラットフォーマーとハードウエアメーカー。「ショック」をどう越えるか

第3章 フェイスブック×テンセント
~目的としてのSNSか、手段としてのSNSか

第4章 グーグル×バイドゥ
~検索サービスから事業を拡大。狙うはAIの社会実装

第5章 GAFA×BATHの総合分析と米中の新冷戦

終 章 GAFA×BATH時代、日本への示唆

中国新興企業の正体

序 章 ニューエコノミーではもはや先進国の中国
第1章 打倒ウーバーを目指す配車アプリ大手「滴滴出行」
第2章 自転車シェアサービス最大手「モバイク」の神話
第3章 世界の空を舞うドローンを製造する「DJI」
第4章 日本では見かけないネット出前を広めた「餓了麼」
第5章 東京オリンピックをターゲットにする民泊中国最大手「途家」
第6章 研究開発費でアップルを凌ぐ「ファーウェイ」
第7章 中国の消費革命を牽引する「アリババ」
第8章 グーグルに次ぐ世界2位の検索エンジン「百度(バイドゥ)」
第9章 フェイスブックを急追する「テンセント」
終 章 世界に挑戦する中国のニューエコノミー企業

TikTok 最強のSNSは中国から生まれる

第1章 TikTokはなぜ「最強のSNS」になれるのか
TikTokが最強のSNSとなる5つの理由
「テキスト・画像から動画へ」という長期トレンド
「検索からレコメンドへ」という長期トレンド
プラットフォームとして確固とした強みがある
母体となる運営会社の実力が図抜けている
SNSとしての設計、運営戦略が優れている
コラム1 テンセント――バイトダンスに立ちふさがるITの巨人

第2章 TikTokは日本でどのように受け入れられているのか?
なぜ日本ではまだ、「中高生のアプリ」というイメージが強いのか?
SNSがビジネスとして成功する鍵は「リフトアップ」
日本でおこなわれたTikTokのマーケティング施策例
変化し続けるTikTokのマーケティング戦略
日本市場に対するバイトダンス社の熱い思い
コラム2 アリババ――Amazonすらも恐れない、オンラインマーケットの虎

第3章 すべてのSNSと、世界を飲み込むTikTok
YouTubeとTikTok
InstagramとTikTok
TwitterとTikTok
TikTokはすべてのSNSを飲み込んでいく
TikTokの世界展開
コラム3 「ミニプログラム」が中国のSNSを進化させる

第4章 TikTokが中国のショートムービー市場を制するまで
TikTokの原型はシリコンバレーで生まれた
中国におけるショートムービー市場の変遷
ショートムービーのクリエイティブは「PUGCモデル」
ショートムービー・プラットフォームの基礎知識
DOUYIN(TikTok)はどのように中国のショートムービー市場を制したのか
コラム4 スターバックスと資本主義に挑戦するロックな企業

第5章 TikTokで花開くインフルエンサー経済
日本のはるか先をいく中国の“インフルエンサー経済圏”
中国の著名インフルエンサー(KOL)たち
インフルエンサーをめぐる日本と中国の違い
“TikTok化”するYouTubeとInstagram
日本のインフルエンサーたちの動向
DOUYINでおこなわれた、KOLマーケティング以外の企画事例
コラム5 中国企業は“コピーキャットから凶暴な虎”になれたか?

「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム

第1章 深セン2001~2005 貼牌と1人メーカー
第2章 深セン2005~2011 山寨携帯と“2,500発家電王”
第3章 深セン2011~2014 深センエコシステムの完成と無謀な自社工場57
第4章 深セン2014~2017 「メイカーの都」とスタートアップ支援
おわりに 日本の製造業は私たちが引き継ぐ

中国のインターネット史 ワールドワイドウェブからの独立

第1章 中国ITの原風景―~1995
第2章 中国におけるインターネットの幕開け―1994~2002
第3章 コミュニケーションと反日の波―2003~2005
第4章 Web2.0の波と北京オリンピック―2006~2008
第5章 SNS普及とネット検閲の強化―2009~2011
第6章 微博の輝きと時代の転換―2012~2013
第7章 ワールドワイドウェブからの独立―2014~

読みかけの本

アントフィナンシャル――1匹のアリがつくる新金融エコシステム

第I部 ゲームチェンジャー・アリペイ
第1章 アリペイの誕生
第2章 アリペイの野心──キャッシュレス社会の推進

第II部 アリが夢見るインクルーシブファイナンス
第3章 余額宝がもたらす資産運用革命
第4章 インターネット時代の零細企業融資
第5章 信用を財産に

第III部 金融の勢力図を塗り替える
第6章 1匹のアリが作る新金融エコシステム
第7章 グローバルな発展の未来図
第8章 農村金融の荒野を開墾する
第9章 オープンプラットフォーム──テクノロジーで金融に奉仕する
解説 「アリの新たな挑戦」 西村友作(対外経済貿易大学国際経済研究院教授)
付録 アントフィナンシャル・サービスグループ役員名簿/株主名簿/投資先一覧

幸福な監視国家・中国

第1章 中国はユートピアか、ディストピアか
第2章 中国IT企業はいかにデータを支配したか
第3章 中国に出現した「お行儀のいい社会」
第4章 民主化の熱はなぜ消えたのか
第5章 現代中国における「公」と「私」
第6章 幸福な監視国家のゆくえ
第7章 道具的合理性が暴走するとき

読みたい本

事例でわかる 新・小売革命 中国発ニューリテールとは?

第1章 ビジネス新時代を勝ち抜くニューリテールの本質
・eコマースの重大危機から始まったリテール革命
・ニューリテールを理解する鍵は小売の本質にある
・ニューリテールに成功した企業がトップの座を獲得する

第2章 オンラインとオフラインを融合させるニューリテール
・多くのブランドが実践し始めた「商品を販売しない」実店舗の戦略
・高効率な情報流も従来の小売を打ち負かすことはできない
・データによって与信力をエンパワーされたオンライン金流
・物流をスピードアップさせニューリテールの基盤を築く
・ビッグデータがオフラインの小売の助けとなる

第3章 売場効率の限界を突破するニューリテール
・4つの要素から売場効率を上げる方法を考える
・シャオミの売場効率はいかにして上昇したか
・オフライン店舗に武装された生鮮食品EC

第4章 中間の不要なプロセスをカットして効率を上げるニューリテール
・人と物は必ずしも店で出合う必要はない
・コストコは小売の「優等生」
・定倍率1の企業が創業4年で年間売上高100億元を達成
・従来の仲介サービスを効率化し取引の双方が利益を得る
・商品はサービスを実現するための中間プロセスにすぎない
・商品サプライチェーンを逆行するモデルで高品質、低価格路線へ

第5章 ニューリテールは今、この瞬間も進化している
・変革の時代の思考モデル
・ニューリテールの未来を予測する

テンセント 知られざる中国デジタル革命トップランナーの全貌

第1部 創業(1998~2004年)
第1章 少年
第2章 試合開始
第3章 生死
第4章 モンターネット
第5章 QQショー
第6章 上場

第2部 出撃(2005~2009年)
第7章 調整
第8章 MSNとの戦い
第9章 Qゾーン
第10章 金鉱
第11章 広告

第3部 巨頭(2010~2016年)
第12章 ユーザー
第13章 転機
第14章 オープン化
第15章 ウィーチャット
第16章 若さ
第17章 インターネットプラス
第18章 アウト・オブ・コントロール

アリババ 世界最強のスマートビジネス

アリババが最も面白いケーススタディである理由

第1部 アリババ―スマートビジネスの登場(「陰」と「陽」のビジネスモデル
「陽」としての「ネットワーク・コーディネーション」―無数のプレーヤーがつながる
「陰」としての「データインテリジェンス」―機械学習が知性を担う)

第2部 スマートビジネスの競争戦略(意思決定を自動化する―機械学習の戦略的活用法
C2Bへ―フィードバックのループを構築する
「点」か「線」か「面」か―スマート企業のポジショニング戦略)

第3部 スマートビジネスの経営論・組織論(組織と戦略をセルフチューニング(自己調整)せよ
クリエイティビティのためのマネジメント革命
スマートビジネスの未来―次はあなたの番だ)

日本語版スペシャル・エディション著者ミン・ゾン氏との一問一答―アリババの未来・日本はITで復活するか

アリババ 中国eコマース覇者の世界戦略

序 大跳躍
第1章 絶好の場所、絶好のとき、絶好の人物
第2章 急騰!
第3章 急落
第4章 外国人マネジャー
第5章 アリババの洞窟
第6章 ジャックと世界へ
第7章 アリババの空から落ちる絨毯
第8章 中国に逆戻り
第9章 最後まで生き残る
第10章 隔離
第11章 イーベイとの戦い
第12章 グーグルのふたり
第13章 揚子江の鰐
第14章 イーベイ-アリババホットライン
第15章 ヤフー!
第16章 世界を驚かせる提携
第17章 中国検索戦争
第18章 無料サービスはビジネスモデルにあらず
第19章 アリババフィーバー
第20章 アリババとの別れ
第21章 冬
第22章 春
第23章 アリババの世界
第24章 アリババと四十の教訓

シャオミのすべて: 世界最強のIoTプラットフォームはこうして生まれた

はじめに:中国発、世界最強のIoTプラットフォームはこうして生まれた

第1章:IoTへのフライングスタート
・スマートフォンに近い製品から作る
・エンジニアで構成された投資チーム
・結婚相手探しの基準で投資先チームを探す
・社員の足並みが揃い、一心不乱に前進できた理由
・我々はどうやって一つの意思決定を下すのか?
・Mi Ecosystemの授けるエネルギー

第2章:速すぎるシャオミの成長
・竹林の生態系は百年の松に勝る
・利益の一致と価値の増幅
・シャオミとMi Ecosystemパートナー企業は兄弟関係
・取り残された企業は守らない
・どうしたらMi Ecosystemについてきちんと説明できるか

第3章:走りながらも問題を解決できる思考法
・なぜビジネスを軍事理論に学ぶのか?
・スピードで前衛性ポテンシャルエネルギーを維持する
・本質を見抜いて勢いに乗れ
・常に戦闘力を維持するため、逆境状態を保ち続ける
・異なる分野のプロが協力し、複雑な行程を成し遂げる
・シャオミの大成功を称賛する人、批判する人
・精密な戦争
・なぜシャオミの販売価格は他企業の製品より低いのか

第4章:自然に形成されていく未来のテリトリー
・目を閉じていても選べるECブランド
・スマートホームは偽りの命題
・IoT時代、ECに新たなモデルは登場するか?
・会社の属性が会社の発展可能性を決める
・環境が変化しても適者生存と自然淘汰の法則は変わらない

第5章:Mi Ecosystemが良い製品を生み出す理由
・良い製品を作るため時代の流れを正しくつかむ
・これからの10年は大量消費の10年となる
・今後10年、中国市場の主要な消費動向はどうなるのか?
・消費のグレードアップの本質は価格ではなく品質だ

第6章:高密度な「戦い」をしてわかった精確な製品定義
・80%のユーザーの80%のニーズを満たす
・製品のコア機能に回帰する
・業界のペインポイントを解決し、次世代製品を作る
・マス製品のハイクオリティ化
・ニッチ製品をマス化する
・誠実な価格設定
・製品の枠から出て、製品を見つめる

おわりに:たくさんの製品と人がMi Ecosystemを成就させた

ファーウェイの技術と経営

第1章 通信機器市場の変化―垂直統合から水平分業へ
第2章 通信技術の変化―アナログからデジタルへ
第3章 ファーウェイの発展史―輸入代理店から多国籍企業へ
第4章 製・販融合型研究開発体制の確立
第5章 経営理念と人事労務管理
第6章 中国通信機器産業の確立

世界を戦慄させるチャイノベーション

第1章   トランプが恐れる中国の技術進化
激しさ増す米国の対中強硬姿勢 タブーなき技術革新の衝撃
最新テックの発信地に 増殖する「独角獣」
既に日本越えの分野も 半導体、ディスプレー、車載電池などを徹底分析
政府・企業・消費者の生態系 チャイノベーションはこう生まれる
【コラム】深センで垣間見た「チャイノベーション」の熱源 失敗を恐れぬ中国の起業家たち
【コラム】深センに行って学ぶ人、学ばない人 日本人にありがちな2つのポイント
【コラム】技術移転に中国「海亀族」の影 米中対立の根は深い

第2章   敵か味方か   BAT
あなたの周りにも 配車、決済、ゲーム・・・日本も「IT中華圏」に
データで見るBAT①   日本企業とも深い関係 様々なテック企業を傘下に
中国、「次のBAT」を計画生産 国家資本主義2.0 デジタルチャイナ最前線
データで見るBAT②   巨大な市場追い風にGAFA追う
中国脅威論の先へ 日本企業は見極める眼力を 膨張する「デジタル一帯一路」
【コラム】中国発デジタル改革の旗手 習主席肝いり 中国ハイテク都市「雄安新区」の実力は
【コラム】ヤフーやLINE、スマホ決済「ばらまき」の原点はBAT

第3章   ファーウェイ   最強経営の真実
30年で売上高1000億ドル ファーウェイ、驚異の実力
米国の圧力でも拡大続く “ファーウェイ5G生態系”
ファーウェイ創業者の任正非氏、貧困から「中国代表」へ
「輪番会長」「非上場」 ファーウェイ、異形の経営システム

第4章   激突する米中   日本はどうする?
勢いを増す強硬派 対中国「存亡をかけた戦い」は米国を衰退させるか
識者に聞く米中の行方
ケネス・ロゴフ氏   中国で金融危機起きる可能性も
フレッド・バーグステン氏   日本のリーダーシップに期待
ジェームズ・カラファノ氏   現時点で中国は脅威ではない
ジェフリー・ライト氏   中国は新技術領域で既に先行
米中は「トゥキディデスの罠」を回避できるのか 覇権国に挑む

新興国、軍事衝突も
おわりに   「技術が善意から出発することを望む」

キャッシュレス国家 「中国新経済」の光と影

第1章 「中国新経済」の二大プラットフォーマー
決済を制する者が、「中国新経済」を制す・スマホの登場が勢力図を変えた

第2章 これが「中国新経済」のエコシステムだ
「買う」―ネットからリアル店舗へ急拡大
「食べる」―拡大するデリバリー・サービス
「移動する」―新サービスの誕生で快適に
「遊ぶ」―広がる余暇の過ごし方

第3章 「中国新経済」はなぜ発展したのか
中国政府が目指すイノベーション駆動型の経済成長
イノベーションで社会問題を解決する

第4章 「中国新経済」を支える信用システム
「信用スコア」がもたらす様々な特典
社会統治に組み込まれる「新経済」

第5章 「中国新経済」のゆくえ―日本はどう向き合うか
「中国新経済」の影
キャッシュレスのメリットとデメリット
規制される「新経済」
日本の商機をさぐる

2030 中国自動車強国への戦略 世界を席巻するメガEVメーカーの誕生

序章 誰も語らなかった中国EV革命の背景
第1章 「中国の夢」と自動車強国
第2章 中国の自動車強国入りを阻む足かせ
第3章 EV革命の正体
第4章 破壊者と追随者
第5章 電池をめぐる覇権争い
第6章 中国製自動運転車の脅威
第7章 「世界のEV工場」となる中国
第8章 日本企業はEV革命の荒波を乗り越えられるか

台湾半導体企業の競争戦略—戦略の進化と能力構築

序章 研究の背景と課題
1.はじめに
2.半導体産業発展の経緯:日本の凋落とアジア・台湾の台頭
3.半導体産業の基礎知識とファブレス-ファウンドリ分業体制
4.先行研究のサーベイと本書のアプローチ
5.本書の構成と注意点

第1章 台湾企業のキャッチアップをどう分析するか
1.アジア企業のキャッチアップについての基本的枠組み
2.アジア企業のキャッチアップに関する主要な先行研究
3.半導体産業における台湾企業のキャッチアップをどう分析するか

第2章 台湾半導体産業の概況
1.はじめに
2.台湾IC産業の初期の発展史(2000年代初頭まで)
3.台湾IC産業における垂直分業体制と各部門の概況
4.科学園区の役割
5.製品市場

第3章 台湾半導体ファブレスの競争戦略
1.はじめに
2.台湾ファブレスの発展概況
3.台湾ファブレスの競争戦略
4.台湾ファブレスの戦略ストーリー:日本企業との比較を通して
補論:トータル・ソリューションの実例

第4章 台湾半導体ファブレス主要企業の盛衰
1.はじめに
2.台湾ファブレス上位企業の変遷
3.台湾ファブレス主要企業の事例研究
4.台湾ICファブレス主要企業盛衰の決定要因
5.まとめ:MediaTekは何故、断トツか?

第5章 台湾半導体ファウンドリのビジネスモデルの展開
1. はじめに
2. ファウンドリ・ビジネスの初期状況
3. ファウンドリ・ビジネスの拡大
4. Design Center Alliance(DCA)企業の事例:創意電子(GUC)
5. パートナーシップの拡大・深化
6.顧客との協調関係
7.ファウンドリ・ビジネスの発展史
8.台湾ファウンドリの競争戦略ストーリー:日本企業との比較

第6章 ファウンドリ・ビジネスにおける企業間格差と成功要因:
TSMCとUMCの比較分析
1.はじめに
2.既存研究のサーベイと本章の視角
3.収益性
4.生産能力
5.プロセス技術開発
6.ディスカッションとまとめ

第7章 台湾半導体ファウンドリの技術能力:生産システム
1.はじめに
2. 多品種少量生産への対応
3. 生産システムの全体最適化とノウハウの共有
4. 品質、生産性、コストへの姿勢
5. インテグレーション・エンジニアの役割
6. 研究開発部門と量産部門の関係
7. オペレータの役割の変化
8.まとめ

第8章 台湾半導体ファウンドリの技術能力:プロセス技術開発
1.はじめに
2.先端プロセス開発
3. 特殊プロセス開発
4. 配線/パッケージ開発
5. 先進トランジスタ開発
6. まとめ

終章 総括
1.はじめに
2.台湾半導体企業のキャッチアップの要約
3.日本企業の発展と凋落についての要約
4.まとめ

あとがき
参考文献
面談リスト

シェア経済・キャッシュレス社会・コンテンツ産業の拡大……いま中国の真実は (必読! 今、中国が面白い Vol.12)

第1部 中国と世界(日本と中国海外進出 ほか)
第2部 都市と農村(国内地域の発展市民生活 ほか)
第3部 社会秩序とモラル(法治モラル ほか)
第4部 生活と文化(交通ITの普及 ほか)
第5部 健康生活(環境保健・医療 ほか)

一帯一路・技術立国・中国の夢……いま中国の真実は (必読! 今、中国が面白い Vol.11)

第1部 中国と世界(中国と日本・世界と中国・異文化交流)
第2部 中国の発展(イノベーション・地域発展・農村ビジネス)
第3部 生活と福祉(都市生活・農村の話題・社会福祉)
第4部 社会の諸問題(社会の諸相・社会モラル・インチキ商売)
第5部 社会生活―分野編(医学分野・食分野・環境保護・観光・中華文明・伝統芸能・回顧)

関連本

環境・社会・経済 中国都市ランキング2017: 中心都市発展戦略

第1部 〈中国都市総合発展指標〉と都市ランキング
第1章 〈中国都市総合発展指標〉とは
1 指標対象都市 2 指標構成 3 指標ランキング方法 4 指標一覧表
第2章 中国都市ランキング|トップ150都市
1 総合ランキング 2 環境ランキング 3 社会ランキング 4 経済ランキング
第3章 中国都市ランキング|トップ10都市分析
第4章 図で見る中国都市パフォーマンス

第2部 メインレポートとレビュー
第5章 メインレポート|中心都市発展戦略 周牧之
1 メガシティ時代 2 東京大都市圏の経験 3 中心都市指数の意義と構造 4 中心都市指数総合ランキング 5 中国中心都市指数総合ランキングトップ20都市分析
第6章 専門家レビュー 巻末資料 指標項目詳細

習近平主席が提唱する新しい経済圏構想「一帯一路」詳説

序 文 「一帯一路」は中国の夢と世界の夢に通ず
第一章 歴史を超える「一帯一路」
第二章 「一帯一路」のチャンス
第三章 「一帯一路」の挑戦
第四章 「一帯一路」建設をどう進めるか
結 び 「一帯一路」を語り、国際公共財を捧げよう

検証 米中貿易戦争

序 章 「人民元帝国」の命運決める米中貿易戦争
第1章 膨張する人民元
第2章 「人民元帝国」のゲリラ的シナリオ
第3章 破綻した高度成長モデル
第4章 「一帯一路」は死のロード
第5章 米中貿易戦争
第6章 貿易戦争は「人民元対ドル」戦争を誘発する
第7章 習近平 対 仮想通貨
最終章 人民元帝国にどう立ち向かうか

模倣の経営学 実践プログラム版 NEW COMBINATIONS 模倣を創造に変えるイノベーションの王道

はじめに:ゼロイチ神話を超えて
初版まえがき:模倣のパラドクス

基本
01[なぞかけ]メタファーと新結合
02[共通性]本質をモデリングする
03[分類]似た者同士を探せ
04[パターン]良い模倣と悪い模倣
05[手順]創造的模倣の5ステップ

探索
06[観察]ありのままに見る
07[探索]遠い世界を見に行く
08[教師]誰をどう真似る?

分析
09[設計]整合すべき4つの要素
10[推論]仮説を導く比較分析法
11[実験]低コストで試す3つの方法

実行
12[創造]再現から独創へ
13[守破離]ギャップを越える複眼モデリング
14[反転]良いお手本を反面教師にする
15[わな]模倣できそうで模倣できない仕組み
16[順序]まず山があって森がある
17[作法]模倣の力を引き出す3つの肝

※事例としてテンセントが取り上げられている

三体

※中国で話題になっているSF作品。中国の社会観、テクノロジー観など知る参考に。

中国S級B級論 ―発展途上と最先端が混在する国

第1章 B級中国とS級中国の太極図
(「段ボール肉まん」ニュースとは何だったのか、山賊たちが世界を制した ほか)

第2章 不均一なる経済大国・中国
(「S級中国」論、「B級中国」論が問いかけるもの、深センの変貌―「下請け工場」から「イノベーション都市」へ ほか)

第3章 習近平という政治的転換点
(中国現代政治の基礎知識、長老政治から集団指導体制へ ほか)

第4章 中国のITは本当にS級か
(「すごい中国IT」の実態は?、かつてあふれていたB級IT製品たち ほか)

第5章 分厚くなった中国のステーキ
(中国人の暮らしはなぜ豊かになったのか?、激変する中国人の消費―衣食住+α ほか)