エンジニアじゃない仕事で生きるテック系ノマドの仕事まとめ

テックノマド自己紹介 テックノマドの仕事術
テック系の仕事って、エンジニア(プログラマー)以外にどんな仕事があるの?

テックノマド
このブログのタイトルにもしているテックノマド(Tech Nomad)。技術に関わる仕事をしてるけど自分で開発するエンジニアでもないし、Tech系に特化した編集・ライターでもない自分をどう表現しようかと思って、テックノマドという肩書をつけることにしました。

この記事では、そんなテックノマドが具体的にどんな仕事をしてるのかをまとめてみました。

特許関係で弁理士がやらない仕事

特許の仕事
特許の仕事というとエンジニアが考えたアイデアを特許にするための書類を書いたりするイメージが強いと思いますが、僕は特許明細書を書くプロである弁理士ではないので、その仕事はやっていません。

では何をやっているかと言いますと、

IT系スタートアップの知財部立ち上げ支援

自社のサービスが他社の特許を侵害していないか(特許クリアランス調査。他社がサービス化していない=特許を持っていない、ではない)、新サービスに関する特許出願、ブランドを浸透させるためのサービス名やロゴの商標出願など、スタートアップに必要な知財業務は多々ありますが、サービス開発に注力した結果、知財活動に手が回らないスタートアップ企業が多いのが現状です。

そういった企業に対して、知財業務を代わりに行うアウトソーシング、社内で実施できるようにするための教育・コンサル・業務マニュアル作成などの仕事をしていたりします。自分が新卒で入ったベンチャーで、知財実務経験0のエンジニアから知財部の立ち上げをした経験があり、その当時のことを参考にしながら書いています。

業務マニュアルといっても、多くの知財活動はその方法論が書籍やセミナー、ネット記事などで広く共有されているため、その二番煎じのマニュアルを書いても仕方ありません。自分がマニュアルを書く場合には、最初の項目として「この業務の目的」「注意すべき点」などを記載(場合によっては先方とすり合わせ)しながら意識付けをするような資料を作るよう心掛けています。

こういった業務の意味づけから考えてもらうことで、

1.知財部として必要な業務を把握する
2.自分でできるようになる
3.外注できるようになる
4.どの業務を自分でやり、どの業務を外注でやるか判断できる
5.知財部として必要な新しい活動を自分で考えられる
(=この段階に来ると、定型の知財業務ではなく各社の状況に合った内容になります)

という貢献ができればと心がけています。

技術情報の調査

「エンジニアが考えたアイデアが特許になるか判断するために比較対象となる類似技術をリストアップ」したり、逆に「アイデア出しをするときのたたき台として業界動向の下調べや他業界の事例を紹介」したりします。

この辺の業務はそれ専門の調査会社(個人事務所も含め)が山ほどあるので、これで収入を得るというよりは他の仕事の付随業務というか下調べみたいな側面が強いです。あえて言うなら、その分野の話持ってくるかーと言われるような他業種の事例を出すことが結構多いと言われます。この辺は調査力というよりは情報編集力の気もします。

特許をわかりやすく説明する資料作り

「業界ごとの重要特許の内容がパッとわかるような資料」を作ったり、「特定テーマ(自動運転とか)の特許や技術動向についてコラム風にまとめたり」してます。技術動向をグラフなどで視覚化してまとめる、いわゆるパテントマップの方はやっていません。こちらも既にやっている人がたくさんいるため(というか、それ用のお高いツールが必要な場合も多く、フリーランスが攻めるところではないかなと)。

弁理士の明細書作成は「エンジニアのふわっとしたアイデア(あるいは機能仕様書)をカッチリした法律文書に変換する」スキルなんですが、僕がやってるのは「カチカチに変換された法律文書を誰でもわかる緩い状態まで逆変換する」仕事です。自分でいうのもあれですが、これ出来る人はけっこう少ないので仕事になってます。

知財関連のコンテンツ制作(研究会運営、記事執筆、ネットラジオの企画など)

直近の2年ほどはネットメディア運営で動画(生放送含む)・テキストのコンテンツ企画をやっていたので、このあたりは引き続き掘っていきたいなと思っています。ネットラジオの収録にOculusGoのOculusRoom使ってみたりとか。

記事に関してはまだ詳細出せませんが、11月くらいに知財の話題としてはけっこう大玉の記事が公開される予定です(紙媒体なのでちょっと間が空きます)。日本のものづくりの昔と今(近未来)を考える良い記事になってるかと。

研究会運営は体調の関係などでしばらくお休みしていますが、Smips(知的財産マネジメント研究会)という知財の研究会で、分科会のオーガナイザーをしていました。こちらの実績も追々まとめようかと思います。

補足

過去にエンジニア向け知財教育の仕事をメインにやってたので、そのときの経験を掘り起こしつつ、この数年でやってきた別の業務領域での経験を混ぜながらアップデートしている感じでしょうか。

昔はゴリゴリのものづくり製造業(工場用ロボットの研究開発)、最近はウェブサービス、ネットメディア運営など)をやってたので、対応できる幅はそれなりに広いと思います。特にIoT的な話だと昔の工場に出入りしてたときの経験も生きてくるかなと思ったり。

以下、こんなことやってましたという参考に。執筆は依頼歓迎、セミナーは下記のような実務的なものは自分で直接受けるのは控えてますが、興味あったらご相談ください。

■執筆
研究開発リーダー掲載・事業の競争力に直結する「強い特許」の作り方

■セミナー
特許公報の内容把握と特許要約シート作成
技術者のための技術情報の保護と管理
あなたが生み出した技術、本当に会社の利益に貢献していますか? ~技術者の仕事の成果は「製品」ではなく「特許」である~
(ほかにも公開、非公開含めいろいろやってますが、ネットに履歴が残っていたものを…)

エンジニア向けSEO記事制作

SEO記事ライティング
SEO記事というのは、ざっくりいうと「Googleで検索したときに検索結果の上位(1ページ目)に出るのを狙った記事」です。

直近だと、公開済み・未公開のもの含めて

・Alexa(Amazonのスマートスピーカー)
・AWS(Amazonが提供するクラウドサーバー)
・Chainer(ディープラーニングの開発ライブラリ)
・FaceID(iPhoneXに搭載された顔認証)
・WPA3(Wi-Fiの最新セキュリティ規格)

といったキーワード(具体的には上記+範囲を絞るキーワード1~2個が含まれるもの。AWS コスト、とか)で記事を書いています。

依頼主からキーワード候補が来てこちらで記事構成案を提出、OKが出たら記事原稿を書いて納品という感じで月2本くらい書いてます。

補足

執筆料を期待するというよりは(お金はいただいていますが)、どちらかというと

・自分のアンテナに引っかかっていなかった技術系トレンドを知り、お金をもらいながらその深掘りができること(競合サイトを読んで情報を知り、自分で文章にまとめると相当頭に定着します)
・編集部からのフィードバックを通じてSEOの知識が身につくこと

が気に入っていて、仕事を続けさせてもらっています。

ここの仕事量は現状維持を目指す感じですが、分野特化型のメディア(AI、ブロックチェーンなど)から依頼が来たら新たに受けるかもしれません。むしろ、記事構成案をもとに記事書いてくれるライターの人がいたら声かけてほしいです(自分としては情報収集・記事構成作成までで目的をほぼ達成しているので)

→自分でキーワード選定からお願いしたい、とオファーいただいたので、より企画性を高めた記事を記名で書く形に変更予定。そうなったらリンクなど貼っていきます。

自主企画のソフト開発

プログラミング
特許の仕事やSEO記事を通じてとっかかりを掴んだ技術について、試せるものは自分でちょっとした開発をしてみるようにしています。

ソフト開発を受注してお金を稼ぎたいというよりは(依頼来たら考えますが)、いろんな技術の勘所を掴んでおいてエンジニアとのコミュニケーションに使ったり、自分の仕事の効率化につなげられればと思います。

お金にするとしたら、自分で開発したプロダクトの技術マニュアルやソースコード販売にすると思います。

RPA(Robotic Process Automation)

英語で書くとかっこよく見えますが、簡単にいうと作業の自動化です。仕事の効率化の中で、ソフトウェアを(ときにハードも)使って行うものを指すと思えばいいのかなと思います。

フリーになった直後からライター仕事で単純作業(プレスリリースをフォーマット揃えてひたすら入稿する)仕事を受けているのですが、ブラウザの操作を自動化できるSelenium(元々はブラウザ機能のテストツールですが、繰り返し作業などがプログラムできるので作業の自動化にも使える)というツールを使って、手作業でやっている作業を自動化してみてます。

1記事いくらで受けてる仕事なので効率化できれば時間単価は上がりますし、逆に自動化したプロセスそのものをどこかのタイミングで依頼元に売却するみたいなこともできるかなと思っています。

チャットボット

問い合わせ対応の自動化と考えるとRPAの一部と言えるかもしれませんが、チャットボット(質問するとFAQなど参照して回答を自動で送ってくる)に前から興味があって触ってみています。

いまはチャットボット開発ツール「hachidori」を使って、ノマドの人(ノマドになりたい人)向けの簡単なものを作ってみているところです。とりあえずお試しなので、行きたい都市を話しかけたらインスタからその場所の写真を引っ張ってくるとかそれくらいの緩いのを考えてます。

API(アプリケーションプログラムインターフェース)

API自体を開発するというよりはAPIを使ってサービスがどう広がっていくかというエコシステムを理解したくて触っています。ちょうど特許も関わるリーガルテックでこういう話もでてきてます。

クラウドサインが「リーガルテックAPIエコシステム」の構築を開始

hachidoriが外部API連携手軽ということなので、まずは格安航空券比較サイトのAPI使ってチャットボットでアジアのノマドスポット渡航費検索とかできるようにできればと思ったりしてます。

スマートスピーカー(Alexa)

Alexa買ったものの放置してたので、SEO記事でAlexaスキルのこと調べる機会があったのでちょっと触りたいけど、やりたいことが思い浮かんでない。

スマートスピーカーというか音声入力インターフェースは追っていきたいので、用途調べるところから始めようかと思ってます。

ブロックチェーン(Dapps)

いまは仮想通貨にちょっと投資してる程度ですが、Dapps開発やってみたいと思っています。

ブロックチェーン関係のプロジェクトだと、メタップス佐藤さんがやっている「仮想地球プロジェクトEXA」が気になってるので、それに絡めた何かができればなと思ったりしてます。

そのほか

VRは特許のところでもちょっと書きましたが開発というよりはコンテンツ制作のほうで継続的に触りたいと思ってます。360度カメラ買ったり。ARも同様。

ドローンは1年前くらいに超小型のやつ買ってしばらく遊んでましたが最近さわってないです。ドローンの今後の展開を考えるならもうちょっと本格的なものを買わないとと思ってます(が、ちょっと優先度低め)

ディープラーニングもせっかくChainer記事書いてインストールまでしたのでというのはあるんですが、やりたいことが現状無いとか学習用データどうするとかがあって触ってないです。情報としては追っていくことにはなるかなと。

そのほか、新しいサービス(サブスクリプション系、XXシェア系、XXTech系)は、ユーザーとして触れるものはできるだけ触るように心がけてます。

ブログでの情報発信

ブログ
このブログのことです。アジア(中国・インド・ASEAN)のテック情報や海外ノマドの仕事術など発信していく予定です。ここで月3万くらいでも収益になると良いのだけれど…

まとめ

この記事は自分の頭の整理も兼ねて書いたのですが、ざっくりいうと「技術を他の何かに1回変換して価値を生み出す(特許だったり文章だったり)」ところが自分の強みかなという気がしてます。

他にもできることがいくらでもあると思うので、自分で定めたコア領域をより深めていきたいと思います。

※著者に仕事頼んでみようかなという方は下記フォームよりご連絡ください。
https://burabura.asia/?page_id=180

ツイッターのフォローお願いします
編集長:テクノ大仏(@tech_nomad_) ・アジアのテック事情や世界のITトレンドをまとめた「テックノマド in アジア」 ・中国スマホアプリのトレンド、ミニプログラムの情報をまとめた「ミニプロラボ」 の更新情報のほか、中国・アジアのテック企業に関する他メディアの記事紹介やコメントなどツイートしています。
テックノマドの仕事術
スポンサーリンク
tech_nomadをフォローする
テックノマド in アジア