【ITトレンド2018】スライド294枚から10枚選んでまとめてみた

伝説のITアナリスト、メアリー・ミーカーって知ってる?

毎年5月にアメリカで開催されるIT&メディアのカンファレンス「Code Conference」。その目玉の1つが、IT業界の伝説のアナリストと呼ばれるメアリー・ミーカー(現在はベンチャー・キャピタリスト)が発表する「Internet Trends 20XX」(通称:メアリー・レポート)です。

本記事では、毎回30分の発表時間で200枚以上(今回は294枚!)のスライドを使用する膨大な情報の中から、自分なりに構成を組み立て直し、スライド10枚に絞ってその内容を紹介します。

※本記事の最後に講演動画と講演資料を掲載しているので、全内容が知りたい方はぜひそちらも合わせてご覧ください。

時間が無い方はこちら。1分でわかるITトレンド2018まとめ

グローバルでのユーザー数の成長は鈍化。しかし、1人あたりの消費時間はまだまだ成長の余地あり

ITトレンド2018・ユーザー伸び率の鈍化グラフ

グローバルでのインターネットユーザー数(棒)と増加率(折れ線)の推移

ITトレンド2018・ネット使用時間の推移グラフ

アメリカの大人が1日でどれくらいデジタルメディアと接続しているかの推移

この2枚のグラフが一番広い視野でインターネットトレンドを紹介したスライドになります。要するに「ユーザー数は昔ほど増えなくなるから、成長を続けたければ1人あたりの使用時間を押さえましょう」ということです。

下のグラフで分かるのは「1日あたりのネット接続時間は増えている」「増えている要因はほぼモバイル」の2点ですが、モバイルもちょっと伸び悩みが見える推移になっており、隠された問いかけとしては、「ネットとの接点はモバイルの次は何になるのか?」ということだと思います。

検索クエリは「近くの〇〇教えて」が900%増

ITトレンド2018・検索クエリ推移

右のグラフはGoogle検索クエリの増加率。「Near Me」が900%増。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが「近くのレストラン教えて」「このあと見られる映画教えて」といった検索です。個人的な解釈ですが、「近く」は「場所」と「時間」の両方を指してると思います。

このグラフを見たときに「モバイルシフトってこういうことだったのか」と初めて腑に落ちた感覚がありました。画面が小さくなるとか、どこでも見られるようになるとか、そういうことではなくて、要するに「今の私の状況に合わせてサービス提供してください」ということなんだと思います。

欲しいものはAmazonで直接検索

ITトレンド2018・商品探し場所

商品を探すとき、最初にどこで探すかのアンケート結果

このグラフを見たときに昨年読んだこの記事を思い出しました。検索エンジンの多様化(細分化?)です

インスタは「妄想の検索エンジン」メルカリは「通販の検索エンジン」としてつかう。女子大生が教えてくれたスマホで「ビキニ」を買うまでの心理と経路。

あと、Googleの検索クエリが「いま、ここ」が伸びてることと合わせて考えてみると、いわゆる「パーソナライズ」って2つに分かれるのだと思いました。

パーソナライズには「属性」と「状態」の2つがある

よく言われるパーソナライズは「その人の属性・趣味・嗜好などを把握して検索結果やリコメンドを調整する」だと思うんですが、Google検索クエリのことを考えると「いま、ここにいる、お腹が空いている人」みたいな「その人の状態に合わせてチューニングする」なんですよね。言い換えるなら、長期的な視座でのパーソナライズと、短期的な(数分で状態が変わる)視座でのパーソナライズ。

後者の視点をあまり持ったことがなかったので、個人的にはハッとしました。

Shopping is Entertainment

ITトレンド2018・アプリ種類別セッション増加率

アプリ種類別のセッション増加率

eコマースのアプリが、動画・音楽よりも、ビジネス(slackとか)よりも、使用頻度が上がっているというグラフです。で、このグラフの前のスライドでメアリーさんがタイトルに挙げていたのが「Shopping is Entertainment」です。

昔から休日は買い物(ウィンドウショッピング含む)という人が多かったことから買い物がエンターテイメントというのは分かるのですが、ここで言われているのは単にそういうことではないです。

このスライドの次には、YoutubeとTaobao(中国最大のeコマースサイト)を中心に商品レビュー動画やライブコマースが流行していること、くじ引きや集団購入での割引などゲーム化が行われていることなどが紹介されていました。

ネットのエンターテイメントの中心だった動画やゲームの「エンタメのライバル」にeコマースがなりつつある、ということです。

広告投下費用は、そのメディアにユーザーが使う時間に比例する

ITトレンド2018・時間消費と広告費

アメリカのユーザーの消費時間と広告費の内訳

前項で紹介した「eコマースのエンタメ化」と絡めて考えたいのがこの図です。メディアごとのユーザー消費時間と広告投下費用の比較です。

まず思ったのが「ユーザーが見ている時間と広告費用は比例する」「その観点で、モバイルの広告費は現状ギャップがある(モバイルの接触時間はまだ増えるはず、という話とは別の議論)」という視点。言われてみれば納得感があるんですが、こういう見方をしたことが無かったので参考になりました。

そしてもう1つ思ったのが、「ショッピングサイトも滞在時間を増やせば、メディアとして広告費が(も)稼げる」ということです。極端に言えば、仮に商品が売れなくても商品レビュー動画をユーザーが長時間見ていれば、それで利益が上がるということです。

これは、自分自身は何も売らずに広告費で収入を得ていたYoutuber(特にゲーム実況など)と近い状態なのかもしれません。動画プラットフォームが人気の実況者を抱えにいく動きがここ数年ありましたが、ショッピングサイトがそういう動きをするようになっていくんだろうなと思います。

知ってたけどやっぱりすごい! おまけの4枚

個人的な本編はここまでです。ここから先は「だいたい知ってた。けど、改めてイラストで見ると凄いな or 整理された」みたいな情報になります。

ユーザー数が伸び悩んでも収益を伸ばすことは可能

ITトレンド2018・Facebookマネタイズ推移

FacebookのDAU1人あたりの売上推移

この記事を数日前に読んだばかりだったので参考にしながら読んでいました。

GameWithに学ぶメディアビジネスの収益化と改善方法

facebookも大きな意味では広告ビジネスで、接触ユーザー数が重要かと思ったんですが、その印象以上に1DAUあたりの売上単価が急激に上がっていました。これはちょっとびっくりしました。

中国のモバイル決済が凄い

ITトレンド2018・中国のモバイル決済

中国のモバイル決済総額推移とシェア内訳

中国のモバイル決済はすごいと聞いてましたが、取り扱い金額の伸び方が半端ないです。利用率が何を指してるのか(スマホ保持者全体の、くらいな気はしますが)微妙ですが、利用率98%という調査結果もありました。

10月に深圳に行ってくるので、中国の電子マネー体験してこようと思います。

モバイル決済利用率は日本6%、米国5.3%、そして中国では98.3%――日銀レポート

ショートムービーの勢いが凄い

ITトレンド2018・中国の動画時間消費推移

中国ユーザーのモバイルでの消費時間推移

Tik Tokの広告が目立つ(むしろうざい)くらいに思ってたんですが、このグラフ見てインストールしたまま放置していたTik Tokを見てみました。確かにサクサク見てるうちに時間経ってしまう感じです。これこそ見てみないと分からない典型みたいなやつですね。

ショートムービー アプリ「 Tik Tok 」DAU 1.5億人を突破
今はやりのTik Tokをどこよりも詳しく解説! ユーザー層&人気コンテンツ&広告タイプ、2018年の中国でショートムービーははずせない!
Tik Tokをアジアで大流行させた3つの戦略(上)

データドリブンのAI開発

ITトレンド2018・データドリブン開発の図

データ駆動のAI開発サイクル

これが最後のスライド。ユーザー数と製品品質のフィードバックサイクルです。AIが普及するほどに初期でユーザーをどれだけ確保できるかが重要になるというのが分かりやすいです。

まとめ

全294枚のスライドの中から、自分の中で気になる部分を抜き出して各トレンドの関係性を想像しなおしたものが本記事の内容になります。元の公演では、サブスクリプションサービスの普及、フリーランスの増加など、他にも様々なトレンドが紹介されているので、自分の興味と照らし合わせて元資料を読んでみるとよいと思います。

メアリー・ミーカー講演アーカイブ&発表資料

講演動画(33:15)

講演資料(294枚)

※過去の資料も観れます。現在と見比べて答え合わせするのも面白いです→ Internet Trends 2017

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
コメントの入力は終了しました。